刑事無罪の判決の影−総領事館のサービス向上に向けた意識改善の期待

            

いかなる組織にも、圧倒的多数の誠実なメンバーと、比率にすれば5%に満たないが、不誠実であったり、ぞんざいな振舞いをしたりする少数のメンバーがいます。


刑事無罪−感慨無量

            

司法試験合格前に、神戸市役所都市計画局の法務担当を3年間やっていた私は、当初、行政法知識を駆使した弁護士になるつもりでしたが、大学の先輩の紹介で、大江橋法律事務所の面接を受けに行き、日弁連会長までおつとめになった宮崎誠先生との面接で採用の通知をいただいたことがご縁で、中国法とその後香港法を専攻する国際弁護士になる機会を得ることになりました。


現在は日中友好関係のさらなる改善の最大の好機である 

            

18世紀から19世紀にかけて活躍したイギリスのジェレミ・ベンサム(Jeremy Bentham)が功利主義に基づき提唱した「最大多数の最大幸福」(the greatest happiness of the greatest number)は、西欧型民主主義国家だけではなく、社会主義国家を含めた良い政治が備えるべき必要不可欠の要素だと確信します。


人気のある弁護士になれるのは、マグロ解体技術を持つ寿司職人だけだ

            

タイトルだけを見ると、一体何が言いたいかわからないと思うのですが、クライアントに人気のある弁護士と、賢いのに、全然人気のない弁護士を分かつ基準の1つがマグロ解体技術の有無にある、ということです。


香港デモは誰の責任なのか?

            

終わりが見えない香港デモは誰の責任なのでしょうか?


私たち弁護士は決して危機管理のプロではない

            

私たち弁護士は自分ができもしないことを「できる」と述べることは許されません。


日本の保険、中国の不動産−国家がいかなる海外投資を制約するかで、その国家のアキレス腱が見えてくる

            

日本は保険業法第186条において日本の居住者を被保険者とする日本では存在しない有利な保険を日本に支店等を設けない外国保険業者から購入することを原則として許しません。少し長いですが、次に条文を示しておきます。


私世代前後の弁護士は引退するまで必死に働くべきである

            

現在54歳で、弁護士25年目になる私は、毎日早朝(午前5時とか遅くて6時とか)から夜(といっても、午後10時には寝るので、それまで)まで、必死に働いています。


持久戦に持ち込むほかない中国−絶対に短気を起こしてはならない

            

中国は、今、アメリカとの貿易戦争を含みますが、Huaweiに対する科学的根拠を欠く何度も繰り返されてきた印象操作(国家秘密漏洩リスク等)のみによる世界的取引断絶誘導など、民間企業に対する攻撃を含む、アメリカによる苛めの真っただ中で苦しんでいます。
 


小室圭さんを断固として応援する(その2)

            

小室圭さんを断固として応援する」というブログを2018年8月16日に執筆しました。

 

しかし、その後もマスメディアの小室圭さん叩きは一向に止みません。

続きを読む >>

| 1/26PAGES | >>

search this site.

selected entries

categories

service

archives

book

著書

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

blog ranking

profile

others

mobile

qrcode